今あえてのPDA
成果報酬型で速攻効果、高満足度のペナルティ解除は株式会社そらいろ - 心地よい仕事と満足の結果であなたのサイト運営をサポートします。当サービスは100サイト以上の解除実績とノウハウで最短2週間解除!

今は昔…。まだ、「スマートフォン」の陰も形もなかった(?)頃のおはなし☆

PDAの役割

PDAの消滅は

PDAというものは現状、この世界に存在しているとしても形として説明されたとしてもイマイチ実感の持てない人も多いはず。ちょうど発売されていた頃の事を知っている人、知らない人にしても、言葉だけなら聞いたことがあるかもしれない。ですがそれも2010年頃にはPDAという存在はスマホ、及びタブレット端末という新しい殻を手に入れたことによりある意味変革を遂げてしまった。存在そのものが消失したわけではないが、PDAといいう言葉を知らない人も必ずいるだろう。また見たことないという人もそれなりに数として存在しているはずだ。

PDAを現実に持っていた人には感慨深い話かもしれない、しかし筆者のように当時一番最新技術に敏感な世代だった人の中でPDAなるものを使用するよりも、パソコンが使用できるかどうかが一番重要なときでもあったので、いきなり携帯情報端末なんていう最先端な方向へ傾倒する人は、それこそ機械オタクと呼ばれる人位なものでしょう。友人の中にはやけに機械へ精通している人も何人かいたが、PDAというものを使用することもなく、また何と話に尋ねても欲しいとは思わないと答えていたのを覚えている。

興味本位でどうしてかと訪ねてみたところ、今のところ使用する予定もないからという、ありふれた理由を述べてくれた。そう、まさしくその通りと言っても良い。確かにPDAの登場で便利になることもあるかも知れない、しかしデータ通信の速度という問題もある中でインターネットの使用は中々ストレスが溜まるもの。今でもインターネットを使用すると、少し通信回線が乱れてダウンロードが遅いとイラつく、なんて経験は頻繁にあると思う。そうしたストレスを解消するために高速通信技術が発達した、とも言える。

ですが、そうして冷静に考えてみると何もPDAというものにとらわれなくてもいいのではないか、なんて考えにも至る。実際、その役割について考えてみても、大半の人が日常の中でも本当に瑣末な使い方しかしないのが現状だ。

PDAを使ってみる

PDAというものをどのように使用するか

ではここで、当時からのPDAというものをどのように使っていたのかについて考えてみる。元々PDAというものは携帯にはない機能を使うことで、日常を過ごしやすくするための術という機能が凝縮されています。それらの機能について簡単に上げてみるとこんなところだ。

  • スケジュール管理
  • 電卓
  • ゲーム
  • インターネットの接続

この4つの機能だが、本当に日常的な意味合いで利用することにより活用できていると実感できるのは、スケジュール管理くらいなものだろう。仕事柄、計算をする機会の多い人や家計簿などをつけている人には電卓も友好のように思えるが、これも一般的という意味ではそれほど有効性は高くはないだろう。

インターネットの接続とゲーム、これについては娯楽としての意味合いが強いため、一概に日常生活を快適にしているとは言いがたい。インターネットの使用でも、仕事として使用する場合と私的に使用する場合では意味合いが180度異なってしまうからだ。特に後者、こちらはある意味ハイテク機械を無駄にしているとも言えなくもない。あくまで付属機能といった意味合いが強かったのだが、現代ではそのようには見られていない。

ゲーム目的の人

PDAでいうところのゲームは、スマホのアプリゲームと同じような役割だ。スマホアプリのゲーム、今ではゲーム業界にとって一大市場となっており、消費者からお金をガッポガッポ稼いで儲けることに利用され、躍らされているものだ。本来ならPDAというものの性質を考えれば決して主力機能ではないのですが、ゲームが出来ないなら意味が無いと考えている人も少なからず存在している。何のために買ったのだろうかと突っ込みたくもなるが、野暮な話と見なされてしまうだろう。

個人的にも持ち始めて思った点、また日常の電車など公共の場においてスマホを利用している人を見ていて思うのは、使い方としてゲーム中心になっている人が多いように見える。中には仕事をしている人もいるかもしれないが、PDAとして利用される点では少し持て余している感が強く出てしまっているだろう。

スマホよりPDAが好きなあなたへ 甘くて美味しいほしいもは栄養面に優れていて健康にもいいって知ってましたか? ビタミンやカリウム、鉄分豊富なんです。 その事からほしいも株式会社はおやつにほしいもをオススメしています!

それだけでは駄目だから

こうした性能の無駄、つまり外出先でそれら機能だけに特化した機器を発売しても売れないというのは市場を見て察したのだろう。現在ではPDAとしての機能だけではない、携帯電話としての機能を有したスマホがPDAという存在を吸収したといってもいい。ある意味、タブレット端末という後継機も登場してはいるが市場的な意味合いではまだまだそこまで広く利用されているわけではない。スマホを持って、タブレットを持っているという人も存在していることにはしているが、恐らく前者だけで事足りている人が大半のはず。

筆者も今後、タブレットを持つとしたらスマホでの利用では足りなくなりそうになったらとも考えているくらいで、現状購入予定もない。こうしてみるとPDAというものの役割が形骸化されているように感じなくもないが、多分気のせいではないはず。

おすすめの家電│

今は昔…。まだ、「スマートフォン」の陰も形もなかった(?)頃のおはなし☆