今あえてのPDA
2012年に登場し、爆発的な人気を獲得して間もないシルクスィートというさつまいもの品種をご存知ですか? 干し芋 シルクスィートにすると驚きの甘さで多くの人を虜にしています! 本物のスイーツみたいな味わいが楽しめる、至極の一品となっています!!
http://pierre.jp.net/のアクセーヌはアレルギーの原因であるアレルゲン(かぶれの原因物質)を追求し、それを日常生活から取り除き、再発を防ぐという理論によって確立された治療補助システム「Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構)」を意味します。

今は昔…。まだ、「スマートフォン」の陰も形もなかった(?)頃のおはなし☆

小学生ですら持っているスマホ

低年齢層が持つようになっている

パソコンや携帯と言った機器は見たこともない人にすれば最新機器として受け入れられるだろう、ですがそれも例外となる存在がいる。子供だ、特にパソコンや携帯、それこそここで例として挙げているスマホなどが既に存在していると、それらが当たり前のようにあるモノとして認識する。大人にすれば最新型でも、子供にとっては既存の技術とみなしてしまう。だからこそ気をつけたいのが子供、特に小学生以下にスマホといった最新機器を持たせる点についてだ。

調べてみると、今ではほとんどの世帯で小学生の子供に専用スマホを持たせているところが多いという。まだ学校というシステムに組み込まれたばかりの小学1年生で3割近くが、そして小学6年生ともなると実に半数近い子供が持っているという数字だ。驚き、と言うよりは何を思って持たせているのだろうと正気の沙汰ではない。あれば便利なのは認める、それは誰もが知るところだが、気になるのは持たせることによって子供に期待している親の理由だ。これを見た時、多分何も考えていないのだろうというのが見えてくるので情けなくなってくる。持たせる理由として一番大きいのが、

メディアリテラシーを伸ばしてほしいから

というものだ。

メディアリテラシーとは、『情報メディアを主体的に読み解き、必要な情報を引き出して真偽を見抜き、活用する能力』のことを指している。そう答えた人に訪ねたいのが、こうした能力を誰が鍛えてあげるのかという点だ。予想の範囲になってしまうが、学校と応える人もいるだろう。

こう言っては何だが、そんなメディアリテラシーを社会という本当の意味での脅威を知らない子供が理解できるなどなぜそう考えられるのかが不思議で仕方ない。学校でも積極的に教えているところも増えてきているのかもしれないが、先生の言うことをまともに聞く子などろくにいない。最終的にメディアリテラシーというものを教えるのは『親』だと言うこと、これに気づいていない人が多いのが懸念される。

PDAを使ってみる

利点など無い

スマホを持たせてよかったと答えている人がいる、その理由を見ると疑問しか湧いてこない。どんな点がいいかと答えているのかだが、

  • スマホのGPSアプリで居場所が特定できる
  • 別行動をしても連絡が取れる

というものがある。これらの機能、スマホでなくてもいいのではないかと思う。そもそもGPSはガラケーの後世代機に搭載されているので、発信源を突き止めようとすれば突き止められる。別行動についてもスマホでなくても、ガラケーでいいではないかと言いたくなってしまう。ガラケーそのものを市場で見かける事が無くなっているからスマホという選択肢になってしまうかもしれないが、実にPDAから来る技術の粋を持って完成した最新機器の無駄な使い方だ。

むしろスマホを持たせたお陰で欠点ばかりが出てきた意見が多いのも気になる。

  • アプリゲームで遊びすぎる
  • 置き忘れるケースが多々ある
  • 深夜遅くまでスマホをいじっている

大半がこうした欠点を述べており、特徴ともいうべきところだ。こんなのでメディアリテラシーが学べるのだろうか、そもそもメディアリテラシーを伸ばしてくれることに期待という希望的観測が実に滑稽過ぎる。これら欠点で悩んでいる人はそうした何も考えていなかったから出てきたとも言えるだろう。まだ働いてもいない、自分の情報を自分で管理もできない、経済力すら持たない子供にスマホを持たせても危険しか無いのが、かえって見て取れる。

こうしてみると、スマホを子供が持っても利点などないのが現状だ。

スマホよりPDAが好きなあなたへ http://pierre.jp.net/のアクセーヌはアレルギーの原因であるアレルゲン(かぶれの原因物質)を追求し、それを日常生活から取り除き、再発を防ぐという理論によって確立された治療補助システム「Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構)」を意味します。

ルール付けが必須

伸ばしてほしいから、そんなどこから抱いたか分からない理想を持って子供にスマホを渡してしまったがために、被害を受けた人も多いだろう。それが全国的に行われているスマホを持つときに注意したいという運動にも繋がっている。一番ケースとして多くあるのが、ゲームにおける課金だ。中には気づかないまました結果、親に内緒で10万円という多額のお金を使用していた事実が出てくるなど、よくそこまで放っておけたなとある意味関心してしまう。子供に対して絶対的な信頼を寄せての事だったのかもしれないが、そもそも何も知らない子供にそんな信頼愚の骨頂だ。それで実害が出ても、子供というよりは親の責任が大きいかもしれない。

こうした事例が多発したことで、各家庭で小学生以上の未成年に対して家庭内でスマホを使用する上でのルールも定められている。根本的に持たせなければいいだろうという話ではないだろうか。便利かもしれないが、スマホやタブレット端末という情報機器を使用するとなったら親の監視が必須だ。私立の学校の中にはカリキュラムの一貫としてタブレット端末を三年間貸し出すというところもあるが、そうしたところでは危険性などの注意事項も学べるだろう。でもそんな学校は一部にすぎない、それ以外の子供は自分で自分を管理する術をまだ身につけていない状態なので、親がきちんと目を生き届けていなければ話にならない。

伸ばしてほしいから、なんて過度な期待を寄せるのは勝手だが、スマホやタブレットを持って未成年が学ぶことなど『遊ぶための手段』という一点だけだ。そのことに気づいていない親御さんが多いのも、社会問題として見るべきなのかもしれません。

おすすめの家電│ 検索順位が大幅に下がってアクセス数が激減!もしかしてペナルティかも?そう不安になったら株式会社そらいろ - 心地よい仕事と満足の結果にぜひご相談ください。成果報酬型のペナルティ解除サービスがございます。

今は昔…。まだ、「スマートフォン」の陰も形もなかった(?)頃のおはなし☆